【投稿】 蜜柑とユウウツ

 

またも「今頃?!」な投稿でスミマセン・・・

この作品は、DVD発売が決まっておりますので、ネタバレしないように気を付けます。

  DVDのご購入はこちらから♫

     ↓

http://priere.jp/shop/#lebal

 

「蜜柑とユウウツ」の中での小林さんの役名は「吹抜 保(ふきぬけたもつ)さん」

また、茨木のり子さんのご主人「三浦安生さん」も演じてらっしゃいます。

他の役者さんも複数の役を演じてらっしゃいます(全員ではありませんが)。

 

小林さんで始まり、小林さんで終わるこの作品・・・

とても魅力的な作品で、始まると直ぐに作品の世界の中に引きこまれ、

そして、あっという間に終わってしまうのです。

2時間25分という上演時間を全く感じさせられませんでした。

 

ネタバレになるので、思ったこと全部を書くことはできませんけれど・・・

吹抜 保さんが、いかに茨木のり子さんを大切に思っているのか、それが台詞やしぐさの端々から伝わってくるのです。

 

そして、吹抜さんの背中!!!

背中がすごく良いんです!!!

他の方々は舞台上で台詞のやりとりをしているのですけれど

何の台詞も無く、ただ客席に背中を見せているだけなのですが、その背中が・・・(T-T)

 

もうひとつ感じたことは、この作品の中に

「立ち向かう」

という言葉が何度か登場した、という事です。

 

「立ち向かう」・・・

生きていく、という事は

何かに立ち向かっていく・・・という事なのでしょうか。

そんな印象を持ちました。

 

小林さんに惚れ直してしまうような作品でした❤

 

再演、希望です!!

同じキャストで再演してほしいです!!

沢山の方に観ていただきたい作品だと思います!!!

 

Olive☆

 

2015/9/16

2015年9月19日 / 投稿広場 |
Comments are closed. Would you like to contact the author directly?

Copyright © 2013-2017 小林隆のひとりごと All rights reserved.